トップページ > コラム > マッチングサイトの事件を受けて。厚生労働省②

ベビー・キッズシッターコラムCOLUMN

POSTED : 2020.10.23

CATEGORY : スタッフコラム

マッチングサイトの事件を受けて。厚生労働省②

 

前回は私個人の意見を述べさせていただきましたが、実際厚生労働省が何をしていこうと検討しているのかをご紹介できればと思います。

 

このようなベビーシッターが子どもに対してわいせつ行為をした事件が相次いで起きたことを受け、田村厚生労働大臣は再発防止を図るために行政処分の履歴をデータベース化し、自治体間で共有することなどを検討していくそうです。

 

 

厚生労働省は今年の8月からこのような事件を受けて、専門家会議で再発防止に向けた対応策を検討しているという。

 

田村厚生労働大臣は記者会見で「わいせつ事案を起こした人には、業務の停止命令を下し、その事実をデータベースで共有、公表することを考えたらどうかという案を提示してもらっている」と述べていました。

しかし、「ベビーシッターは個人の登録も多く、なかなか難しい面もあるが、わいせつ行為は許されることではなく、子どもの心に傷が一生残ることなので、しっかりと厳格化していく」と述べていたそうだが、個人登録をするときも、市町村に登録を行うので、難しい問題ではないような気がします。

 

自治体間で共有を行うと言っていますが、極端な話、北海道と沖縄とでも共有ができるのか疑問も残ります。

また東京・大阪と人口が多いところでも同様です。

 

また、社会保障審議会(児童部会子どもの預かりサービスの在り方に関する専門委員会)のサイトでは議事録などもきちんと載っています。

学校の教員に関しても、事件を起こしても3年後は再度教壇に立てるそうです。

親の立場からしてみると大げさですが、殺人を犯した人が毎日目の前やそばにいるのと同じことです。

結構怖いなと感じます。

 

今の世の中は情報社会なので、きちんとデータベース化され、事業者がきちんと管理できるシステムが欲しいと思います。

以下、社会保障審議会のサイトでは議事録です。

社会保障審議会内容。

 

 

フォーマームのベビーシッター対応エリア

対応エリアは東京都:世田谷区・目黒区・品川区・大田区・港区・渋谷区・中央区

神奈川:横浜市・川崎市・鎌倉市・逗子市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・綾瀬市・海老名市 になります。

シッターを依頼するページよりご依頼をお願いいたします。

お待ちしております。

 

 


ベビーシッター・キッズシッターならforMOM(フォーマーム)
東京都内23区、横浜市近郊で安心できるベビーシッター・キッズシッターをお探しなら
株式会社 エイサイ・コミュニケーション ベビーシッター事業部
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜3F
tel 045-476-8181  fax 045-476-8182

「家事代行をお願いしたい」「ベビー・キッズシッターを利用してみたい」
ご興味や疑問をお持ちになったら、お気軽にお問い合わせください。ホームページとお電話で承っております。

045-476-8181

受付時間:10:00〜17:45
(土・日・祝祭日・年末年始は除く)