トップページ > コラム > 休園・休校・時間短縮にも対応!

ベビー・キッズシッターコラムCOLUMN

POSTED : 2020.09.14

CATEGORY : スタッフコラム

休園・休校・時間短縮にも対応!

全く新型コロナウイルスの勢力が収まらず、保育園や学校などでもクラスターが発生している状況です。

 

誹謗中傷なども多いので、どこの園で、どこの学校でという報道はありませんが、休園・休校になると 大人も子どももも生活リズム崩れてしまいます。

 

これもニュースになっていましたが、幼い子の保護者の6割がうつ病の検査をした方が良いというデータがあがっているそうです。

 

新型コロナウイルスの影響で多くの保育所などが休園する中、未就学児の保護者のうち6割近くが強いストレスを感じ、国際的な指標に照らすとうつ病の検査を推奨される状態だったというアンケート結果を、 東京大学大学院の研究グループがまとめています。

調査の担当者は、保育所が休園などになった場合にどのように家庭をサポートするかを検討する必要があると指摘しているそうです。

 

調査の対象は未就学児を育てている保護者で、センターのウェブサイトなどで協力を呼びかけた結果、全国の2679人から回答が寄せられ、全体の92.9%が女性でした。

新型コロナウイルスによって多くの保育所が休園になる中、生活への影響を尋ねたところ、1日の育児時間が平均で5時間以上増えた人が全体の45.8%に上りました。

また、感染拡大による精神状態への影響を調べるため、WHO(世界保健機関)の指標に基づき、「楽しい気分で過ごしたか」「ぐっすりと休めたか」など5つの質問をして、 どの程度当てはまるかを0点から5点の6段階で答えてもらったところ、合計点がうつ病の検査を受けることを推奨されるレベルの13点未満だった人が56.8%に上りました。

特に、東京など感染が拡大した地域では精神的な健康度が低く、自由記述欄には自宅で過ごす時間が増えたことによるストレスや、子どもの成長に対する不安、在宅勤務と育児の両立の困難さなどを挙げる声が多かったということです。

調査を行った方は、「感染が広がった地域では母親が在宅勤務をしながら育児を求められたり、家の中でずっと子育てをしなければならない状態だったりして、ストレスが生じていたと考えられる。 ウイルスの影響が長期化することに備え、子どもの育ちを守るためにもどのような状況になれば保育所などを休園にするのか、休園にした場合にはどのような形で家庭をサポートするのかを検討しなければならないし 、子どもを見守りながらの在宅勤務が非常に難しいということについて社会や企業の理解も必要だ」と話しているそうです。

 

 

そんな時のお助けマンとして、我々ベビーシッターがいるんです。

家庭内でのお世話を行います。

在宅ワーク中でも、お仕事に行かれている際にも時間のリズムが崩れないようにお世話を行うことも可能です。

 

感染対策としてもマスク着用、手洗いうがい&消毒必須で実施をしています。

以下、横浜市が出している文章になります。

横浜市のこども青少年局保育所では、体調の確認として「お子様及び保護者に発熱や呼吸器症状などの風邪の症状がある場合には、登園を行わないよう徹底してください。」とのことでした。

また、「発熱の判断をする際は平熱に個人差があることに留意してください。」と述べております。

他にも衛生管理として、感染防止の3つの基本:①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗い

・人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。

・遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ。

・会話をする際は、可能な限り真正面を避ける。

・外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを 着用する。

・家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替える、シャワー を浴びる。

・手洗いは 30 秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用 も可)。

 

日常生活を営む上での基本的生活様式

・まめに手洗い・手指消毒。

・咳エチケットの徹底。

・こまめに換気。

・身体的距離の確保。

・「3密」の回避(密集、密接、密閉)。

・毎朝の体温測定、健康チェック。

発熱又は風邪の症状がある場合は無理 せず自宅で療養。

 

本当に気を付けながら生活をしていきましょう。

 

ぜひ、フォーマームのベビーシッターをお使いください!

対応エリアは東京都:世田谷区・目黒区・品川区・大田区・港区・渋谷区・中央区

神奈川:横浜市・川崎市・鎌倉市・逗子市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・綾瀬市・海老名市 になります。

「シッターを依頼する」からご依頼をお願いいたします。

お待ちしております。


ベビーシッター・キッズシッターならforMOM(フォーマーム)
東京都内23区、横浜市近郊で安心できるベビーシッター・キッズシッターをお探しなら
株式会社 エイサイ・コミュニケーション ベビーシッター事業部
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜3F
tel 045-476-8181  fax 045-476-8182

ご利用頂いたお客様の声CUSTOMER’S VOICE

シッターサービスをご利用されたお客様の声をご紹介いたします。

エリアで絞り込む

東京都
新宿区世田谷区目黒区品川区大田区港区渋谷区中央区町田市
神奈川県
横浜市川崎市鎌倉市逗子市藤沢市茅ヶ崎市平塚市大和市綾瀬市海老名市
お客様の声一覧

「ベビー・キッズシッターを利用してみたい」「どこまでお願いできるだろう?」
ご興味や疑問をお持ちになったら、お気軽にお問い合わせください。ホームページとお電話で承っております。

045-476-8181

受付時間:10:00〜17:45
(土・日・祝祭日・年末年始は除く)