トップページ > コラム > 保活の点数をベビーシッター利用で加算される?!①

ベビー・キッズシッターコラムCOLUMN

POSTED : 2020.10.09

CATEGORY : スタッフコラム

保活の点数をベビーシッター利用で加算される?!①

保育園の入園には、選考基準の点数が必要になります。 点数が高いほど入園できる確率は高く、都市部だとフルタイムで共働きであっても 入園できないケースがあります。

 

 

この選考基準の点数は、「基本指数」と「調整指数」の2つの合計点から選出されます。

 

「基本指数」とは、就労状況や健康状態など保護者の基本情報をもとに計算されます。

働き方がフルタイムなのか、短時間なのか、身体に病気や障害があるかなどです。

 

そして「調整指数」とは、ひとり親家庭やきょうだいの状況など、家庭環境の事情に合わせて加点や減点が存在します。

 

色々な世帯などを想定し設定されているそうです。

 

入園の選考基準に関わる点数の設定は各自治体によって様々なんです。

とくにこの「調整指数」は自治体によって内容も大きく違うことがあります。

 

保活を始める前に必ず自治体の選考基準を確認しておくことが重要です。

 

横浜市を例に挙げ、お話をさせていただければと思います。

 

まず「基本指数」です。

 

まず始めにこれでランクわけされています。

「居宅外労働が月〇日以上かつ1週〇時間以上の労働に従事している。」 ことがまずは前提です。

これによりA~Fにランク分けされます。

 

実は労働時間だけではなく、休憩時間も含むことができるんです。

しかし待機児童が多い地域では、フルタイム共働きであっても他の家庭と差をつけることは難しいと思います。

 

しかし、差をつけてランクを上げる方法が横浜市には存在します。

それは9項目あります。

①ひとり親世帯

②生活保護世帯

③生計中心者失業中

④横浜保育室・認可乳児保育所・小規模保育事業・家庭的保育事業等の卒園児

⑤育児休業のため、横浜保育室・認可乳児保育所・小規模保育事業・家庭的保育事業等の利用を卒園前に辞め、復職時申請する場合

⑥育児休業のため、認可保育所または認定こども園を退所し、復職時に再度利用申請をする場合(2ランクあがります)

⑦すでにきょうだいが施設・事業を利用している場合で、そのぎょうだいと同一施設、事業を利用する場合

⑧認定こども園を利用している児童が1号から2号に認定区分が変更され、引き続き当該施設で利用を希望する場合

⑨保育士資格を保有する保護者が市内の認可保育所・認定こども園・横浜保育室・認可乳児保育所・小規規模保育事業・家庭的保育事業に従事又は内定している場合

 

があります。

 

Aランクの状態でもAAランクに格上げすることが出来ますし、「きょうだい児の場合」には「調整指数」でも加点がつきます。

 

特に横浜市の場合は「きょうだい児に優しい」ものになっています。

差がつかない基本指数に対して、同ランクの場合に1点でも差になるのが次にご紹介する「調整指数」についてです。

 

「調整指数」は、「保育の代替手段」「世帯状況」「就労状況」「ひとり親世帯」「きょうだいの状況」で加点されます。

 

どこかに児童を預けられる状況(65歳以下の親族や職場で子どもを見れる環境)などや転園などがマイナスポイントになります。

 

しかし、横浜保育室・認可乳児保育所・小規模保育事業・家庭的保育事業等の利用を卒園児や育児休業のため、横浜保育室・認可乳児保育所・小規模保育事業・家庭的保育事業等の再利用は+5ポイント。

 

利用申請時時点で、保育を必要とする要件があり、横浜保育室・認可乳児保育所・小規模保育事業・家庭的保育事業等以外に有償で預けている場合は+3ポイントなどがあります。

 

この3ポイントを稼ぐのが我々ベビーシッターに預けるということなんです。

もっと言えば、横浜保育室・認可乳児保育所・小規模保育事業・家庭的保育事業等に預けていて、ベビーシッターも利用していると+8ポイントの加点になります。

 

 

一時保育以外なので、スポット利用はできませんが、定期利用での加点が出来るかもしれません。

 

各自治体では、ベビーシッターを利用したことを証明する「受託証明書」というものが用意されています。

この「受託証明書」を提出することが、保育園入園の分かれ道かもしれません。

自治体でフォーマットを作成していない場合でも、必要とされる書類を我々のような育児サービスの運営会社が記入、捺印すれば加点資料とみなし受理するという自治体もあるようです。

調べていくと、本当に自治体によって違っています。

 

認可外保育設置届が必要な場合もありますので、ご相談いただければ対応できます。

 

次回のコラムはもっと詳しくベビーシッターの加点状況をお話しできればと思います。

ぜひフォーマームのベビーシッターを利用してみてください。

対応エリアは東京都:世田谷区・目黒区・品川区・大田区・港区・渋谷区・中央区

神奈川:横浜市・川崎市・鎌倉市・逗子市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・綾瀬市・海老名市 になります。

シッターを依頼するページよりご依頼をお願いいたします。

お待ちしております。


ベビーシッター・キッズシッターならforMOM(フォーマーム)
東京都内23区、横浜市近郊で安心できるベビーシッター・キッズシッターをお探しなら
株式会社 エイサイ・コミュニケーション ベビーシッター事業部
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜3F
tel 045-476-8181  fax 045-476-8182

ご利用頂いたお客様の声CUSTOMER’S VOICE

シッターサービスをご利用されたお客様の声をご紹介いたします。

エリアで絞り込む

東京都
新宿区世田谷区目黒区品川区大田区港区渋谷区中央区町田市
神奈川県
横浜市川崎市鎌倉市逗子市藤沢市茅ヶ崎市平塚市大和市綾瀬市海老名市
お客様の声一覧

「ベビー・キッズシッターを利用してみたい」「どこまでお願いできるだろう?」
ご興味や疑問をお持ちになったら、お気軽にお問い合わせください。ホームページとお電話で承っております。

045-476-8181

受付時間:10:00〜17:45
(土・日・祝祭日・年末年始は除く)