トップページ > コラム > 保活の調整指数をベビーシッター利用で加算される?!②

ベビー・キッズシッターコラムCOLUMN

POSTED : 2020.10.12

CATEGORY : スタッフコラム

保活の調整指数をベビーシッター利用で加算される?!②

 

 

前回、少し触れさせていただいた「自治体によっては、入園申し込み前に条件を満たすためにベビーシッターを利用することで、加点を獲得することができる。」ということを少し詳しくお話させていただければと思います。

 

多くの自治体では、選考の点数が同点に並んだ場合、どちらの家庭の子を優先的に入園させるかという「優先順位」もこのベビーシッター利用で変わってくるそうです。

 

やはり、ベビーシッターを利用していると優先度も高くなることがあります。

 

調整指数だけではなく、この優先順位の内容についてもきちんと確認しておきましょう。

ベビーシッター利用で加点がつくと言っても、これもまた自治体によって、利用実績の期間や費用について細かく内容を定めているところもあります。

いくつか調べてみても違う部分もあるので、しっかりと読みこむ必要がありそうでした。

 

この加点を確実なものにするためには、早期の職場復帰も必要になってきます。

 

各自治体で違ってくるので、一般的なベビーシッター利用の場合の加点について例をあげさせていただきます。

 

①保育を必要としている要件で、認可外保育施設やベビーシッター等に1日4時間以上かつ週3日以上、定期契約で預けている場合は+2点。

②就労等の理由により児童を認可外保育施設等に申込締切日現在、3カ月以上有償(週3日以上・1日4時間以上の契約)で預けている場合、+3点。

③月48時間以上、認可外保育施設等に継続して6カ月以上預けており、受託証明書の提出がある場合、+5点

④入所を希望する児童を認可外保育施設やベビーシッター等に有償月額20,000円以上で預けている場合、+2点。

⑤入所を希望する児童を認可外保育施設やベビーシッター等に有償月額20,000円以下で預けている場合、+1点。

 

ベビーシッターの加点を狙う場合には、必ずお住まい市区町村の選考内容についてきちんと確認することが大切になってきます。

 

そしてベビーシッターを利用した場合は、受託証明書を書いてもらいましょう。

受託証明書とは、認可保育園の入園申し込みの際に、すでにベビーシッターや認可外保育施設等に子どもを預けていることを証明するものです。

この証明書を提出することにより加点を得ることができます。

自治体によって指定の受託証明書が必要な場合もあるため、入園申し込みの際には必ず提出できるよう準備しておく必要があります。

認可保育園の入園は、特に激戦区では1点の差が内定の合否を決めると言っても過言ではありません。

ベビーシッターを上手に利用をしていただいて、調整指数の加点の獲得をし、有利に保活を進めていきましょう。

 

ぜびフォーマームのベビーシッターを利用してみてください。

 

対応エリアは東京都:世田谷区・目黒区・品川区・大田区・港区・渋谷区・中央区

神奈川:横浜市・川崎市・鎌倉市・逗子市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・綾瀬市・海老名市 になります。

シッターを依頼するページよりご依頼をお願いいたします。

お待ちしております。

 


ベビーシッター・キッズシッターならforMOM(フォーマーム)
東京都内23区、横浜市近郊で安心できるベビーシッター・キッズシッターをお探しなら
株式会社 エイサイ・コミュニケーション ベビーシッター事業部
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜3F
tel 045-476-8181  fax 045-476-8182

ご利用頂いたお客様の声CUSTOMER’S VOICE

シッターサービスをご利用されたお客様の声をご紹介いたします。

エリアで絞り込む

東京都
新宿区世田谷区目黒区品川区大田区港区渋谷区中央区町田市
神奈川県
横浜市川崎市鎌倉市逗子市藤沢市茅ヶ崎市平塚市大和市綾瀬市海老名市
お客様の声一覧

「ベビー・キッズシッターを利用してみたい」「どこまでお願いできるだろう?」
ご興味や疑問をお持ちになったら、お気軽にお問い合わせください。ホームページとお電話で承っております。

045-476-8181

受付時間:10:00〜17:45
(土・日・祝祭日・年末年始は除く)