トップページ > コラム > 幼児教育シリーズ タブレット教育

ベビー・キッズシッターコラムCOLUMN

POSTED : 2020.10.15

CATEGORY : スタッフコラム

幼児教育シリーズ タブレット教育

 

近年、タブレットを使った教育を導入していく流れになっています。

 

教育現場では「アクティブ・ラーニング」という言葉をよく耳にします。

 

アクティブ・ラーニングとは、幼稚園から大学までの教育機関において取り入れられており、文部科学省も推奨する学習方法のひとつです。

 

タブレットを使用した学習は繰り返し勉強出来ることや、いつでもどこでも行えること、ペーパーレスのため、持ち運びにも便利なものになります。

 

また幼児用タブレットや学習用タブレットと一般的タブレットとは少し違います。

 

幼児用タブレットや学習用タブレットに関しては、その学年や年齢に合わせた機能がたくさん入っています。

 

またタブレット学習のメリットは、自動採点のためすぐに採点されたりして、次の問題へサクサク進むことが出来ます。

また、どの時間帯でも行うことが出来るので習い事で忙しい子でもスキマ時間で行うことが出来ますし、ご飯が出来る前など 自分のペースで取り組めることが出来ます。

さきほども伝えましたが、繰り返し何回も出来ることが強みです。

繰り返しの学習は昔から大切だと言われていますが、今までは テキストの繰り返しなので同じ問題を行っていて飽きてしまうこともあったかもしれませんが、少し数字や言い方を変えたものや徐々に出来るようになったらレベルをあ上げていくものもあります。

そうすることで飽きずに取り組めることが出来ます。

 

他にもゲーム感覚で問題が解けるので、動画を見たりして視覚を使って楽しみながら学習できるのもタブレット学習のひとつです。

 

集計システムがあれば、どれくらい進んでいるのか、どれくらい理解をしているのか子どもの学習状況をデータ化することができます。

 

しかし、物事にはメリットだけではなくデメリットもあります。

 

一番は、視力低下です。

長時間液晶画面を見続けると、眼に疲れや痛みを感じます。

また、脳が刺激されるため、眠れないなどの睡眠障害を引き起こす可能性もあります。

目を使いすぎないように、休憩を挟むようにする必要があります。

その中で時間で電源を落としてくれるタブレットもあるのでそのようなものを使うのもありかと思います。

 

他には問題を解いた後、すぐに答えが出るところがタブレットの良さですが、そのせいで、正解か不正解かにしか興味を持たなくなってしまいます。

途中まで合っている、どこまでは正解なのかを粘り強く解くことや見直しの必要性が欠けてしまう部分もあるのでルールを決めて行うことも1つの方法です。

使い方ひとつでせっかくの良い教材が台無しになってしまいます。

 

また専用のタッチペンで学習するため、紙に書く、長い文章を書く習慣がなくなったり筆圧が弱くなる可能性があります。

小学生までは、しっかりと鉛筆での学習も必要です。

 

そして最後にタブレット購入やWi-Fiの料金がかかる費用面になります。

すぐ飽きてしまって無駄になるのではないかなどを懸念してしまいます。

 

 

現在、様々なタブレット学習教材があり、どれを選んでいけばよいか悩んでしまいます。

先ほどお伝えしたでデメリットを少しでも解消できるようなアプリや教材が一番だと思います。

専用タブレットの購入の有無や月額の料金、子どもの学習環境にあった内容であるかが重要だと思います。

初期費用を抑え、お子様にあった教材選びを行っていきましょう。

また長時間使用しないようにご家庭でも注意していきましょう。

 

ぜひフォーマームのベビーシッターを利用してみてください。

対応エリアは東京都:世田谷区・目黒区・品川区・大田区・港区・渋谷区・中央区

神奈川:横浜市・川崎市・鎌倉市・逗子市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・綾瀬市・海老名市 になります。

シッターを依頼するページよりご依頼をお願いいたします。

お待ちしております。

 

 


ベビーシッター・キッズシッターならforMOM(フォーマーム)
東京都内23区、横浜市近郊で安心できるベビーシッター・キッズシッターをお探しなら
株式会社 エイサイ・コミュニケーション ベビーシッター事業部
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜3F
tel 045-476-8181  fax 045-476-8182

ご利用頂いたお客様の声CUSTOMER’S VOICE

シッターサービスをご利用されたお客様の声をご紹介いたします。

エリアで絞り込む

東京都
新宿区世田谷区目黒区品川区大田区港区渋谷区中央区町田市
神奈川県
横浜市川崎市鎌倉市逗子市藤沢市茅ヶ崎市平塚市大和市綾瀬市海老名市
お客様の声一覧

「ベビー・キッズシッターを利用してみたい」「どこまでお願いできるだろう?」
ご興味や疑問をお持ちになったら、お気軽にお問い合わせください。ホームページとお電話で承っております。

045-476-8181

受付時間:10:00〜17:45
(土・日・祝祭日・年末年始は除く)