トップページ > コラム > 幼児教育シリーズ「幼児英語③」

ベビー・キッズシッターコラムCOLUMN

POSTED : 2020.08.06

CATEGORY : スタッフコラム

幼児教育シリーズ「幼児英語③」

子どもは、身体の成長だけではなく当たり前ですが「脳」も成長をしています。

 

幼児期は「右脳」と呼ばれるイメージを司る部分が主に活動を行っています。

この時期は言語や論理性を司る「左脳」が未発達のため、 まだ話すことができなかったりするのです。

小学生ぐらいになると、「左脳」が徐々に発達を始め、「右脳」の成長を追い越します。

 

「右脳」も働いてはいますが、メインは「左脳」が主に働くようになります。

「左脳」が優位になっているので、「右脳」の能力はあまり発揮されることはありません。

 

つまり「右脳」しか機能していない幼児が、「左脳」が主に機能している小学生へと成長していくわけです。

 

前回のコラムの兄弟を思い出してください。

兄が帰国したのは小学2年生でした。つまり日常的に左脳優位の状態で英語が使えました。

それに対し弟の方は左脳が未発達な状態なので、右脳で英語を処理していたのです。

「右脳」の能力は「左脳」が優位に働くようになると発揮できなくなります。

 

つまり幼児期に右脳的に獲得された能力は左脳でも処理できる状態にしておかないと、成長とともにその能力を発揮することができなくなるのです。

 

このように、左脳で英語を処理できるようになっていなかった弟の方は、年齢とともに左脳が優位になるにつれて右脳で処理していた英語ができなくなってしまったわけです。

 

逆に左脳で英語を処理していた姉は、ブランクがあってもすぐに英語を思い出すことができたのです。

 

ということは、幼児英語で必要な要素としては、「右脳」で身につけた能力を「左脳」へと移動させていく必要があります。

 

この作業に関してはさほど難しいものではなく、今まで耳で聞いてきた情報を視覚からしっかりした情報へと転換していくことが必要になります。

要は音から文字にしていくこと、リスニングから英語をイメージできるようになったら、リーディングから英語を理解できるようにしていければ良いのです。

「読解力」を育てることが出来れば、消えない英語力になっていくそうです。

だからまず、スタートの幼児英語は英会話メインの教材や習い事が多いんです。

 

そして気を付けていただきたいのは、中学校などで習ってきた英語の読解力と幼児が身につける英語の読解力は全く別物です。

 

今まで学校で習ってきた英語は読解力ではなく、英単語をひとつずつ日本語に訳し、それを意味の通る日本語に並べ替える技術なのです。

この方法では英語を完全に理解することは不可能です。

小学低学年向けの本の読んでも、日本語に訳していたのでは完全には理解できません。

それどころか時間ばかりかかってしまって、本を楽しむことなどできません。

 

幼児はまず、日々のCDによる英語のかけ流しから、耳にした英語をイメージ化することができるようになります。

さらに、幼児が読解力を身につけると、目にした文章も即座にイメージ化できるようになるのです。

この様に読解力が身についていければ、英語力は消えることはなく、それどころか読書を通して限りなく英語力を向上させることができるのです。

読解力を養成するには、様々な方法がありますが、もっともお手軽なのでは「絵本の暗唱」です。

絵本の読解は得意な子もいれば、苦手な子もいます。

絵本のが苦手でも、目的がぶれてはいけません。 読んで、目で見ることが大切なので、フォニックスやサイトワーズから行っていくのも十分OKです。

とにかく大事なのは本のレベルなど関係なく、子どもが楽しみながら読む経験を重ねられるかどうかです。

読む本が短くても全然いいんです。触れること、イメージできること、読む経験を重ねられることで英語力を消すことなく、幼児英語をしっかりと 身につけることができます。

 

 

ぜひフォーマームのベビー・キッズシッターを体験してみてください。

 

対応エリアは東京都:世田谷区・目黒区・品川区・大田区・港区・渋谷区・中央区

神奈川:横浜市・川崎市・鎌倉市・逗子市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・綾瀬市・海老名市 になります。

新規会員登録から、会員登録をしていただき、会員ページよりご依頼をお願いいたします。

お待ちしております。


ベビーシッター・キッズシッターならforMOM(フォーマーム)
東京都内23区、横浜市近郊で安心できるベビーシッター・キッズシッターをお探しなら
株式会社 エイサイ・コミュニケーション ベビーシッター事業部
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜3F
tel 045-476-8181  fax 045-476-8182

「家事代行をお願いしたい」「ベビー・キッズシッターを利用してみたい」
ご興味や疑問をお持ちになったら、お気軽にお問い合わせください。ホームページとお電話で承っております。

045-476-8181

受付時間:10:00〜17:45
(土・日・祝祭日・年末年始は除く)