トップページ > コラム > 幼稚園受験 「願書の書き方編」

ベビー・キッズシッターコラムCOLUMN

POSTED : 2020.10.06

CATEGORY : ベビーシッター

幼稚園受験 「願書の書き方編」

 

今回は、幼稚園受験をする上で最初の難関である「願書の書き方」についてお話をさせていただきます。

 

願書は、なぜこの幼稚園に入園を希望しているのか、ご家庭の教育方針やお子様の性格などを幼稚園側に伝える大切な機会になりますので 気合を入れて書いていきましょう。

 

 

まず始めに記入の仕方についてちゃんと読みましょう。

何枚もあるものではないですし、書き損じのないようにしていく必要があります。

 

記入の仕方など幼稚園によっては別紙で説明をしているところもありますので、まずは熟読をしましょう。

 

筆記用具の指定のある場合はそれに従いますが、それがない場合は、黒のボールペンや黒万年筆にしましょう。

 

フリクションなど、消えてしまうものもやめておきましょう。

 

書きやすく濃くてはっきり書けるものにしましょう。

濃くて力強い文字には、合格したいという意識も感じられることもあります。

 

そして書くときは、すぐに書くのではなく、一旦コピー2~3枚取り、それに書きましょう。

 

書き損じや文字数調整、誤字脱字に注意をする必要があります。

 

余白は出来るだけない方が好ましいです。

 

表現の仕方は「ですます調」です。

文字は達筆な字より一画一画が正しく書かれた楷書が望ましいです。

願書には、受験する子どもの写真だけではなく、一緒に同封するものも多いので漏れがないように注意しましょう。

願書を書き終わったら再度読み返し、両親でダブルチェックをしましょう。

 

志望動機が矛盾していないか、幼稚園の教育方針に沿っているのか、長所・短所はきちんとエピソードを含め書かれているか など、2歳や3歳のお子様はできないことがたくさんあって当たり前です。

 

背伸びするような願書じゃなくて大丈夫です。

 

幼稚園側が一番見ているのは、志望動機や教育方針です。

 

また、教育方針の中に、こんな風に成長していってもらいたいなどを書いておくことがご家庭の教育方針、園での教育方針と合わせやすいと思います。

 

また提出書類はすべてコピーを取り、面接で聞かれることも多いので内容を確認できるようにしておきます。

 

初めての受験の場合、両親の緊張は子どもにも伝わります。

 

焦って準備をするのではなく、余裕を持った計画を行っていきましょう。

 

次回は、おうちで出来る対策についてお話をさせていただきます。

 

 

様々な場面で、手助けができると思います。

ぜひフォーマームのベビーシッターを体験してみてください。

対応エリアは東京都:世田谷区・目黒区・品川区・大田区・港区・渋谷区・中央区

神奈川:横浜市・川崎市・鎌倉市・逗子市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・綾瀬市・海老名市 になります。

シッターを依頼するページよりご依頼をお願いいたします。

お待ちしております

 


ベビーシッター・キッズシッターならforMOM(フォーマーム)
東京都内23区、横浜市近郊で安心できるベビーシッター・キッズシッターをお探しなら
株式会社 エイサイ・コミュニケーション ベビーシッター事業部
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜3F
tel 045-476-8181  fax 045-476-8182

ご利用頂いたお客様の声CUSTOMER’S VOICE

シッターサービスをご利用されたお客様の声をご紹介いたします。

エリアで絞り込む

東京都
新宿区世田谷区目黒区品川区大田区港区渋谷区中央区町田市
神奈川県
横浜市川崎市鎌倉市逗子市藤沢市茅ヶ崎市平塚市大和市綾瀬市海老名市
お客様の声一覧

「ベビー・キッズシッターを利用してみたい」「どこまでお願いできるだろう?」
ご興味や疑問をお持ちになったら、お気軽にお問い合わせください。ホームページとお電話で承っております。

045-476-8181

受付時間:10:00〜17:45
(土・日・祝祭日・年末年始は除く)