トップページ > コラム > 本当に集中する勉強法?!①

ベビー・キッズシッターコラムCOLUMN

POSTED : 2020.07.20

CATEGORY : スタッフコラム

本当に集中する勉強法?!①

学校が再開をしましたが、今までのカリキュラムの見直しやカリキュラムに追いつくための課題など小学生や中学生は家で勉強を今まで以上に行わなければなりません。

そこで、一人で効果的に勉強できるように家庭でも協力をしていかなければいけないのが現状になっています。

 

今回は、その「勉強」についてお話させていただきます。

 

自分の部屋でこもって勉強している子もいるかと思います。

全員ではないですが、そういう子は結構長時間部屋にいたりしませんか?

長時間部屋で勉強してくれることは親にとっては嬉しいことですが、本当にずっと勉強をしていますか?

子どもの部屋には多くの誘惑があります。

勉強をしているふりをして、こっそり漫画やゲームを行っていたり、気分転換と言ってずっとベットの上で寝転んでいたりしているかもしれません。

私も、大手集団塾で長年多くのお子様を見てきましたが、神奈川県でトップ高である横浜翠嵐高校や湘南高校、平塚中等教育 相模原中等教育などに受かる優秀と言われる子ども達ですら、本当に集中できる時間は最高30分です。

ですので、子どもは閉め切った部屋では勉強できない、と思っておいたほうがいいです。

 

なぜなら、子どもは褒められたい、認められたいという欲求が強いからです。

反抗期のお子様に関しても同様です。 まだまだ一人で勉強できるほど精神年齢は高くはありません。

 

子どもは人の目を気にしながら自分を律して勉強をします。

 

このような話をすると保護者の方は、ずっと子どものそばで監視をし始めます。

子どもの横に張り付いて終始チェックをしていると、横からついつい口出しをしてしまうのも親だと思います。

ここでの「見る」という目的は褒めるためであって、指導をする、チェックをすることではありません。

子どもの良いところを見つけ「○○頑張っているね」「今日はちゃんと計算式が書けているね」「計算スピード上がっているね」「漢字がきれいに書けているね」など 気づいたことをちゃんと子どもに伝えてあげてください。

毎日お子様を見ていると褒めるところがない・・・と言う親御さんもいると思います。

課題をやる、物を片付けるなど今はしなくてもよいことをしている時こそ、褒めるポイントの1つです。

 

なかなか褒める言葉が思いつかない時のために20個~30個はレパートリーを用意しておくと良いでしょう。

 

大事なことは、「頑張っているあなたをいつも見ているよ」いうことが伝わればOKです。

次回は、勉強をする場所と集中するための方法をお伝えします。

 

ぜひフォーマームのベビー・キッズシッターを体験してみてください。

宿題サポートもお世話の中に入っていますので利用してみてください。

 

対応エリアは東京都は世田谷区・目黒区・品川区・大田区・港区・渋谷区・中央区、神奈川は横浜市・川崎市・鎌倉市・逗子市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・綾瀬市・海老名市 になります。

 

新規会員登録から、会員登録をしていただき、会員ページよりご依頼をお願いいたします。 お待ちしております。

 


ベビーシッター・キッズシッターならforMOM(フォーマーム)
東京都内23区、横浜市近郊で安心できるベビーシッター・キッズシッターをお探しなら
株式会社 エイサイ・コミュニケーション ベビーシッター事業部
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜3F
tel 045-476-8181  fax 045-476-8182

「家事代行をお願いしたい」「ベビー・キッズシッターを利用してみたい」
ご興味や疑問をお持ちになったら、お気軽にお問い合わせください。ホームページとお電話で承っております。

045-476-8181

受付時間:10:00〜17:45
(土・日・祝祭日・年末年始は除く)