トップページ > コラム > 本当に集中する勉強法?!③

ベビー・キッズシッターコラムCOLUMN

POSTED : 2020.07.22

CATEGORY : スタッフコラム

本当に集中する勉強法?!③

今回のテーマは「部屋の明るさ」や「気分転換の仕方」について話をさせていただきます。

 

リビング学習が良いとさんざん話をさせていただきましたが、ダイニングテーブルは本来、食事をするためであり学習机ではありません。

そのため、机と椅子の高さが合わなかったり、姿勢が悪くなることもあります。 足がぶらぶらしてしまうのも集中力を下げますので、座布団を入れて高さの調整をして、足台を置いたりする必要があるかもしれません。

また、リビングの照明は大人がリラックスできるように落ち着いた明るさの照明が多いです。

勉強をするには、少し暗く眠くなる明るさになっています。

勉強に適している明るさは昼光色です。食事の時は昼白色、家族の団らん時は電球色といったように明るさの調整が必要です。

 

気分転換の方法としては、風に当たることです。

人間は変化のない空間の中にずっといると 身体感覚が育ちにくく、暑い寒いといった肌感覚はないと身体感覚が鈍くなり色々なことに興味を示さなくなるそうです。

子どもは何事にも好奇心が特に必要です。

好奇心が芽生えれば様々なものに興味を持ち、出来事を結びつけ、新しいものを考えつくかもしれません。

ですので、お子様が好奇心をくすぐられるようなものを見つけられると最高です。

 

また、快適すぎるリビングは五感を鈍らせてしまうことを覚えておいてほしいです。

少し寒いくらいが一番集中するそうです。

暗記教科などの勉強は、家族の気配があるリビングでリラックスしながら覚え、じっくり考える問題の時だけ自分の部屋で勉強するなど、使い分けている子もいる。

 

いずれにしても、「勉強は、自分の部屋でやるものだ」と決めつけないでほしいです。

 

 

ぜひフォーマームのベビー・キッズシッターを体験してみてください。

対応エリアは東京都は世田谷区・目黒区・品川区・大田区・港区・渋谷区・中央区、神奈川は横浜市・川崎市・鎌倉市・逗子市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・綾瀬市・海老名市 になります。

 

新規会員登録から、会員登録をしていただき、会員ページよりご依頼をお願いいたします。 お待ちしております。


ベビーシッター・キッズシッターならforMOM(フォーマーム)
東京都内23区、横浜市近郊で安心できるベビーシッター・キッズシッターをお探しなら
株式会社 エイサイ・コミュニケーション ベビーシッター事業部
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜3F
tel 045-476-8181  fax 045-476-8182

ご利用頂いたお客様の声CUSTOMER’S VOICE

シッターサービスをご利用されたお客様の声をご紹介いたします。

エリアで絞り込む

東京都
新宿区世田谷区目黒区品川区大田区港区渋谷区中央区町田市
神奈川県
横浜市川崎市鎌倉市逗子市藤沢市茅ヶ崎市平塚市大和市綾瀬市海老名市
お客様の声一覧

「ベビー・キッズシッターを利用してみたい」「どこまでお願いできるだろう?」
ご興味や疑問をお持ちになったら、お気軽にお問い合わせください。ホームページとお電話で承っております。

045-476-8181

受付時間:10:00〜17:45
(土・日・祝祭日・年末年始は除く)