トップページ > コラム > 赤ちゃんが、しゃべり出すタイミングと大切なこと②

ベビー・キッズシッターコラムCOLUMN

POSTED : 2020.10.19

CATEGORY : スタッフコラム

赤ちゃんが、しゃべり出すタイミングと大切なこと②

 

前回は、おうちでの赤ちゃんとの関わり方の中でおしゃべりポイントをお話させていただきました。

今回は、もっと話かけられることが出来るような工夫はないかと、思い付いたことを書こうと思います。

 

一番始めに思いつくのが、「絵本」です。 絵本を読み聞かせすることにより、言葉をたくさん覚えますし、体験できない物語の中で 多くのことを感じてくれます。

また色も鮮やかですし、音が出る絵本もあります。

赤ちゃんが聞き取りやすい擬音語が書かれていたりするので、抑揚をつけながら読んであげることで、興味関心が高まり言葉に興味を持ちます。

少し理解をし始めると、真似っこをしたりもします。

 

あとは、童謡などゆっくりな曲をBGMとして流すのもよいかと思います。

曲の中に出てくる単語が自然に頭に残ります。

また、手をたたいたり一緒に揺れたりしながら音楽を聴くとスキンシップにもなりますし、一緒にお母様が歌ったりしてあげると子どもは口元を見て 口ずさもうとするみたいです。

 

他にもフラッシュカードを見せることも良いとされています。

赤ちゃんにカードをフラッシュして見せていくことで、脳に沢山の言葉の刺激を与えます。

普段会話で出てこない単語もフラッシュカードにはあるのでインプットすることができます。

子どもが楽しそうにしていれば、たくさんのカードを高速で見せると右脳は活性化していきます。

お子さまが楽しく見てくれるように、ジャンル別で見せたり、お子さまの好きな単語のカードを集めて見せたりとお子さまが退屈しないように、楽しく見せる工夫をするとよいかと思います。

0歳から1歳は吸収の天才期と言われる時期です。

できるだけたくさんカードフラッシュしてあげることで、語彙力が豊かになり、理解力や表現力も高まります。

様々なカードがあるそうなので、探してみるのも1つかと思います。

 

 

一緒に言葉のお勉強をしていきましょう。

ぜひフォーマームのベビーシッターを利用してみてください。

対応エリアは東京都:世田谷区・目黒区・品川区・大田区・港区・渋谷区・中央区

神奈川:横浜市・川崎市・鎌倉市・逗子市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・綾瀬市・海老名市 になります。

シッターを依頼するページよりご依頼をお願いいたします。

お待ちしております。


ベビーシッター・キッズシッターならforMOM(フォーマーム)
東京都内23区、横浜市近郊で安心できるベビーシッター・キッズシッターをお探しなら
株式会社 エイサイ・コミュニケーション ベビーシッター事業部
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜3F
tel 045-476-8181  fax 045-476-8182

「家事代行をお願いしたい」「ベビー・キッズシッターを利用してみたい」
ご興味や疑問をお持ちになったら、お気軽にお問い合わせください。ホームページとお電話で承っております。

045-476-8181

受付時間:10:00〜17:45
(土・日・祝祭日・年末年始は除く)