トップページ > コラム > 適切な叱り方してますか?①

ベビー・キッズシッターコラムCOLUMN

POSTED : 2020.07.23

CATEGORY : スタッフコラム

適切な叱り方してますか?①

子育てをしていると、「何度同じことを言っても聞いてくれない、わかっていない」「ちょっと言い過ぎた」「イライラしてしまっている」など 色々な場面に直面するかと思います。

子どもに言っても伝わらないのは叱り方に原因があるのかもしれません。

またそれが逆効果になってしまい子どもの成長を妨げて いるのかもしれません。

子どもは大人の方の声掛け一つで良くも悪くも変化します。

叱るなら子どもを伸ばす仕方を学んでいきましょう。

 

まず、叱ると怒るの違いです。

叱るとは、相手をより良い方向導こうとするために注意やアドバイスをすること。

怒るとは、自分が腹をたてていることを子どもにぶつけてしまうこと。八つ当たりのような感情であたることです。

叱るとは、心が通じ合うこと、怒るとは大人の一方的な思いを言っていることになります。

何度同じことを言っても聞いてくれない原因は、叱っているのではなく、怒っている可能性があります。

子どもの悪いところだけを指摘しても次第とそれが感情的になり怒りをぶつけるだけになっていたかもしれません。

 

叱ることで得られる3つのポイントをご紹介!

1つ目は「他人を傷つける行為を防ぐこと」 人を傷つける行為は絶対にしてはいけないことなので、きちんと叱る必要があります。

危険な行為を加えることは他人から嫌われてしまうという生々しい理由ではなく、 誰であろうと暴力や暴言で相手を傷つけてはいけないこと、得られるメリットが1つもないことを 伝えましょう。

 

2つ目は「社会のルールを知る」ということです。

子どもが間違ったことをしてしまった時に誰かが叱らなければ、悪いことだと知らずに 育ってしまいます。

やって良いこと、いけないことの区別をつけさせること、知らないで済まされないことを大人が真剣に子どもに伝えていかなければ 子ども自身(自分自身)が問題行動を起こしていることに気づかず周囲に迷惑をかけてしまいます。

 

3つ目は「命を守る」ことです。 命を守るためにも正しく叱る必要があります。

気づかぬうちにどこかにいってしまったまど、どうしようもできない事態になるかもしれません。

そのためにも正しい叱り方を行い、危機管理能力を高めていきましょう!

 

子どもを伸ばす正しい叱り方のポイントを4つお伝えします。

1つ目は「子どもの目を見て叱る」です。 子どもと向き合わなければ、大人の伝えたいことを理解させるのは困難です。

子どもは叱られて、その場では返事をするかもしれませんが、叱られた原因や理由を 理解しなければ同じことを何度でも行います。

まずは子どもの目をみて、お話をしましょう。

 

2つ目は「理由を説明する」ことです。どうして叱られたのかを説明しましょう。

「言わなくても伝わる、わかるでしょ」と思うのは大人のエゴです。子どもは叱られた理由がわからないことの 方が多いです。

どんなことでもきちんと理由を説明して、納得してくれた方が改善が見込めます。

また理由を言わずに、叱ると子どもは反抗的になり、聞く耳を持ってくれなくなるかもしれません。

3つ目は「子どもの気持ちを代弁してから叱る」ことです。 大人が叱る理由があると同じで、子どもにもその行動をした理由があります。

その理由を聞かずに否定してしまうと 子どもは自信をなくし、消極的な考えになってしまうかもしれません。

叱るときは「○○したかったんだね。でもね○○すると、△△になってしまうから、□□しようね。」と伝えると 理解しやすく、子どもの自尊心を傷つけることはなくなります。

これはどの学年の子どものにも効果があるやり方です。

4つ目は「子どもが改善をしたら褒める」ことです。 子どもが間違えを正したら、とにかく大げさに褒めましょう。 叱られることが好きな子どもはいないはずです。

理由はどうあれ、叱られたら悲しい気持ちにもなりますし、 失敗をしたことにより自信喪失になる子どもや失敗を恐れ、何もできなくなってしまう子もいるほどです。

叱りっぱなしだけではなく、改善出来たら褒めましょう。子どもは大人から認められることで自己肯定感が高まります。

「アメとムチ」という言葉があるように「叱ると褒める」はセットになります。

 

 

次回は、「絶対にやってはいけない叱り方」についてお話をさせていただきます。

 

 

フォーマームのベビーシッターでは、お父様・お母様に褒めていただけるように、お子様のご様子をきちんとご報告させていただきます。

ぜひフォーマームのベビー・キッズシッターを体験してみてください。

対応エリアは東京都は世田谷区・目黒区・品川区・大田区・港区・渋谷区・中央区、神奈川は横浜市・川崎市・鎌倉市・逗子市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・綾瀬市・海老名市 になります。

 

新規会員登録から、会員登録をしていただき、会員ページよりご依頼をお願いいたします。 お待ちしております。


ベビーシッター・キッズシッターならforMOM(フォーマーム)
東京都内23区、横浜市近郊で安心できるベビーシッター・キッズシッターをお探しなら
株式会社 エイサイ・コミュニケーション ベビーシッター事業部
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜3F
tel 045-476-8181  fax 045-476-8182

「家事代行をお願いしたい」「ベビー・キッズシッターを利用してみたい」
ご興味や疑問をお持ちになったら、お気軽にお問い合わせください。ホームページとお電話で承っております。

045-476-8181

受付時間:10:00〜17:45
(土・日・祝祭日・年末年始は除く)